まずは知っておきたい就職活動の基礎知識

新卒でない人は「なんとか入れそうで、職務経験も蓄積できそうな会社」なら、なんとしてでも就職するべきです。小さい会社でも問題ありません。仕事の「経験」と「経歴」を蓄積できればそれで問題ありません。
当たり前かもしれないが成長業界で就職できれば、大きなビジネスチャンスに巡り合うことがあって、新規事業立ち上げの機会もあれば、子会社を新しく作ったり新規参入する事業やチームなどをまかせてもらえる可能性が高くなることが多い。
今の所よりもっと収入自体や職場の待遇がよい勤め先があったとして、あなたがたも会社を辞める事を願っているようならば思い切ってみることも重視すべき点です。
もしも実際に働いた経験がそれなりにある。それなら、人材紹介会社であっても利用価値は十分あるのです。その訳は新卒者ではなく、人材紹介会社を介して人材を募集する場合は、やはり即戦力を採用したいのです。
「自分がここまで積み重ねてきた固有の能力や才能を活用してこの業務に就きたい」というように今までの自分と繋げて、なんとかそういった相手にも論理的に響くのです。


途中で応募や情報収集を中断することについては大きく悪いところが存在するのです。現在なら人を募集をしているところも応募期間が終了する場合だってあるということ。
【転職するなら】退職金については解雇ではなく自己都合による退職のときは会社にもよるが、解雇と同じだけの額は受け取ることができませんので、それまでに再就職先が決まってからの退職がよいだろう。
公表された数字では就職内定率がとうとう最も低い率とのことであるが、そんな状況でも内定通知をもらっている人がいるのだ。では、採用される人とそうではない人の大きな相違点は果たして何なのだろうか。
【就活のための基礎】面接選考では不採用になったとしても内容のどこが今回の面接において十分でなかったのかについてを教える親切な企業はまずない。だから応募者が自分で改善するべき点を見定めるという作業は非常に難しい。
【知っておきたい】面接の場面で意識していただきたいのは印象なのです。数十分くらいの面接だけで応募者の全てはわからない。だから、合否は面接を行ったときの応募者の印象に左右されるものである。


会社選定の視点は2つで、一つの面ではその企業の何に興をひかれるのか、もう一方は、自分が仕事をする上で、どんな生きがいを手中にしたいと考えたのかです。
【就職活動のために】第二新卒という最近よく聞くことばは「学校を卒業して就職したものの短期間で退職した若年の求職者(一般的には25歳程度まで)」のことを指す。近頃になって数年程度という早期退職者が目立って増加しているので、この表現が生まれたのでしょう。
世間でいう会社説明会とは、会社側が取り行うガイダンスのことで、よくセミナーとも呼ばれます。希望している学生たちや応募した人を集めて、会社の展望や募集要項などの重要事項を開設するというのが基本です。
総合的にみて企業そのものは中途で雇用した人間の育成対策のかける時間数や必要経費はなるべく切りつめたいと思っているため、独自に首尾よくやりおおせることが要求されています。
実際見覚えのない番号や非通知設定されている電話から電話が鳴ったら不安を感じる胸中はわかりますが、その気持ちを抑えて先行して自分から名前を告げるようにしましょう。


この記事を書いた人

ライター

永目 伊織

某転職エージェントの会社でキャリアコンサルタントとして働き、転職者の面談から入社決定までをサポートしてきました。適性診断や面談など数多くこなしてきましたので、その経験を記事として書いています。1982年生まれ。千葉県在住。

ページの先頭へ