47歳 転職

仕事探し中に掴みたい情報は、その企業の雰囲気あるいは自分のやりたい仕事かどうかなど、自分がやすべき仕事の詳細とは異なり職場自体を理解するのに必要な内容なのです。
ある日脈絡なく大手の企業から「あなたを採用したいのです!」という可能性はまずないと思います。内定を大いにもらっているような人はそれだけ大量に不合格にもされていると考えられます。
学生諸君の身の回りには「その人のやりたいことが確実にわかっている」人は存在しますか。そんなタイプの人こそが企業の立場から見ると「メリット」が単純な人といえましょう。
自分のことを磨きたいとか、さらに自分を磨くことができる場所にたどり着きたいという憧れを聞くことがしょっちゅうあります。成長が止まった。そうと感じて、転職を考える方がとても多い。
「心底から本音をいえば、転職を決心した最大の要素は給料にあります。」こんなケースも多くあります。ある会社(外資系IT企業)の営業関係の30代男性社員の事例です。


47歳転職でなるべく早く新卒でない人間を採りたいと計画している会社は、内定の連絡をした後の相手の返事までの長さを長くても一週間くらいまでに期限を切っているのが通常の場合です。
「私が今まで成長させてきたこんな素質やこんな特性を武器にしてこの職業に就きたい」という風に自分と関連付けて、とうとう会話の相手にも理路整然と響くのです。
いわゆる自己診断をする時の気をつけなければならない点としては、具体性のない表現を出来る限り用いない事です。漠然とした世迷いごとでは数多くを選定している人事担当者を同意させることは大変に困難なことでしょう。
【就活のための基礎】電話応対さえも大切な面接の一部分だと認識して対応しましょう。逆に見れば、採用担当者との電話対応やマナーが相手に合格であればそれに伴って評価も上がるのです。
一般的に企業というものは社員に臨んで、どのくらいの有利な雇用条件で雇用されるのかと、なるべく早いうちに会社の現実的な利益上昇に連なる能力を見せつけてくれるのかだけを当てにしていると言えます。


【就活のための基礎】電話応対だって面接であると認識して対応するべきです。しかし反対に言えば、企業との電話対応とか電話での会話のマナーが相手によいと感じられればそのことで評価も上がるわけなのだ。
「就職氷河期」と最初に命名された年代で、報道される事柄や世間の雰囲気に押し流されるままに「就職が可能なだけありがたい事だ」などと働くところを即決してしまった。
【就活のための基礎】面接の際は、採用担当者が受けに来た人はどんな特性の人なのか本質を見ているわけですから、練習したとおりに間違えずに読むことが評価されるのではない。精一杯自分のことを担当者にアピールすることが求められるのです。
外国資本の企業の職場の状況で所望されるビジネスマナーや仕事上のスキルは、日本人の企業家として所望される身の処し方や社会経験といった枠をとても大きく突きぬけています。
企業の担当者があなたが伝えたい言葉を理解しているのかについて見ながら、的を射た「トーク」のように面接を受けることが自然にできるようになれば、きっと道も開けてくるのではないかと思いませんか。


この記事を書いた人

ライター2

林藤 亜理

人材派遣会社で働いてきた林藤 亜理です。
当時の仕事の内容は、働きたい人が企業に出す応募書類(履歴書・職務経歴書)を添削していました。面接の担当者に嘘をつかずに正直に、でも高評価を受けれる書き方のテクニックなどをこのサイトでいろいろ解説していきます。

ページの先頭へ