ベネッセ 求人

まさに転職を思い描いたとき、「今の仕事よりも、もっと条件の良いところがあるのではないか」なんてことを、まずどのような人であっても思い描いたことがあるはずだ。
「就職氷河時代」と最初に命名された頃の若者世代では、報道される事柄や社会の雰囲気に吹き流される内に「就職口があるだけ願ったり叶ったりだ」などと働き口をよく考えず決めてしまった。
実は、仕事探しをしている際には、ぜひ自己分析ということを実施しておくといいでしょうと人材紹介会社で言われてやってみた。だけど、はっきり言ってこれっぽっちも役に立たなかったのです。
【就職活動の知識】面接選考では不採用になったとしても終了後にどこがいけなかった部分なのかということについて応募者に伝えてくれるような丁寧な会社は一般的にはないため、求職者が直すべきところをチェックするのは非常に難しい。
仕事探しをしているときに知りたいのは、応募先の風土または自分の興味に合うかなど、採用されたらやる仕事の内容じゃなくて応募する企業そのものを把握したいと考えての実態なのだ。


ベネッセ求人で「自分の今持っている力をこの職場でならば有効に用いることができる(会社のために貢献する)」、それによって先方の会社を目標にしているといった理由も有望な大事な理由です。
新卒ではなくて仕事を探すにはバイトや派遣などの仕事で「職歴」を作っておいてあまり大きくない会社をめがけて無理にでも面接を待つというのが全体的な抜け道と言えます。
たくさんの就職選考が続いているうちに、非常に悔しいけれども採用されない場合が続くと、十分にあったやる気がみるみる低くなっていくことは、がんばっていてもよくあることです。
中途採用を目指すなら「採用OKが出そうで、仕事の経験もつめそうな会社」なら、どうあっても契約しましょう。社員が数人程度の会社でも差し支えないのです。仕事で培われた経験と職歴を蓄積できればそれで構いません。
いわゆる会社は全ての雇用者に全収益を返還してはいないのです。給与と比べて実際の労働(社会的な必要労働)はせいぜい実際にやっている仕事の半分かそれ以下がいいところだ。


仕事について話す機会に、少し観念的な感じで「どういったような事を考えているか」だけでなく、なおかつ具体例を加えて伝えるようにしてみることをお薦めします。
確かに、仕事探しは、面接受けなきゃならないのも応募する本人です。また試験に挑むのも自分自身ですが、時々経験者に相談するのもいいかもしれない。
本当のところ就活するときにこちら側から企業へ電話をかける機会はあまりなくて、応募したい企業がかけてくれた電話を受けるほうがかなりあるのです。
【就職活動のポイント】面接というものには完璧な答えがないわけでどこがどのように良かったのか悪かったのかなどといった合否の判断基準は企業が違えば変わり、それどころか同じ企業でも担当者ごとに変化するのが本当のところなのです。
面接の場面で緊張せずにうまく答える。こうなるには多分の経験が不可欠なのである。だが、実際に面接選考の場数をそんなに踏んでいないときには特別な場合以外は緊張する。


この記事を書いた人

ライター

永目 伊織

某転職エージェントの会社でキャリアコンサルタントとして働き、転職者の面談から入社決定までをサポートしてきました。適性診断や面談など数多くこなしてきましたので、その経験を記事として書いています。1982年生まれ。千葉県在住。

ページの先頭へ