ドラジョブ

関わりたくないというという立場ではなく、どうにか自分を受け入れて内約まで受けたその会社に対しては誠実な態度を肝に銘じましょう。
威圧的な圧迫面接でいじわるな問いかけをされたような時に、ともすると立腹する人がいます。その気持ちは理解できますが、率直な感情を抑えておくようにするのは社会における基本的な事柄です。
告白します。就活をしているときには、自己分析(経歴等の整理・理解)を経験しておくとおすすめと人材紹介会社で指導されて実際に分析してみたのだが、はっきり言ってこれっぽっちも役に立たなかったという。
【応募の前に】就職内定率がこれまでの数字を超えて最も低い率とのことだが、そんな就職市場でも採用の返事を受け取っているという人が実際にいるわけです。内定の返事がもらえる人ともらえない人の差はいったいなんだろうか。
【転職の前に】転職という、よく言う何度も伝家の宝刀を抜いてきた経歴の人は、やはり比例して離転職したという回数もたまっていく。それと一緒に一つの会社での勤務が短いことが目立ち始める。


ドラジョブであなたの身の回りには「自分の好みの傾向が簡潔な」人はいるでしょうか。そういった人こそ会社から見ての取りえが単純な人といえましょう。
【転職の前に】売り言葉に買い言葉を返して「こんな会社こっちからやめてやる!」こんなセリフを吐いてかっとなって離職を申し出てしまうケースもあるが、不景気のときに、ヒステリックな退職はあってはならないことなのだ。
働きながら転職活動するような事例は、身近な人間に判断材料を求めることも厄介なものです。一般的な就職活動に比較してみれば、相談できる相手は非常に限定的なものでしょう。
【応募の前に】大事なのは何か?あなたが就職先を選ぶ場合に何と言っても自分の欲望に忠実に選ぶことである。間違っても「自分のほうを就職先に合わせよう」なんて愚かなことを考えてはいけないのである。
収入や就業条件などがどれほど良いとしても、労働場所の環境自体が劣化してしまったならば、再び別の会社に行きたくなる確率だってあるでしょう。


本当は就活で応募者から働きたい会社に電話をかけなければならないことはあまりなくて、相手の会社のほうからの電話連絡を受ける機会のほうが多いでしょう。
どうしても日本企業で体育会系の経験のある人材がよしとされる理由は敬語がちゃんと身についているから。体育会系といわれる部活では、常に先輩後輩といった上下関係がはっきりしているため、誰でも自然に敬語を身につけることができるのです。
「自分の今持っている力をこの会社ならば役立てることができる(会社に役立てる)」、そんな訳で先方の会社を希望するというような場合も一種の重要な動機です。
【就活のための基礎】電話応対だって大切な面接試験の一部分だと意識して対応するべきです。逆に、そのときの電話対応とか電話内容のマナーが相手に認められればそのおかげで評価が高くなるということなのだ。
現在の勤務先よりも給料そのものや労働待遇が手厚い就職先が見いだせたとして、自らも転職してみることを望んでいるのであれば当たって砕けることも肝要な点です。


この記事を書いた人

ライター

永目 伊織

某転職エージェントの会社でキャリアコンサルタントとして働き、転職者の面談から入社決定までをサポートしてきました。適性診断や面談など数多くこなしてきましたので、その経験を記事として書いています。1982年生まれ。千葉県在住。

ページの先頭へ