映像 求人

【ポイント】選考試験に応募者どうしのグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を導入しているところは増えています。採用側は面接だけでは見られないキャラクターなどを観察するというのが狙いなのです。
折りあるごとに面接の助言として「心から自分の言葉で話してごらんなさい。」という内容を見かけます。さりながら、自分自身の言葉で話をするという言葉の含みが通じないのです。
実は、就活のときには、自己分析(自己理解)をしておくと良い結果につながると言われてためしてみた。正直に言ってちっとも役には立たなかったのだ。
「忘れずに筆記用具を持参するように。」と書いてあるのなら筆記テストの予想がされますし、いわゆる「懇談会」と記載があるなら小集団での論議が開かれることが多いです。
【知っておきたい】面接の場面では必ずといっていいほど転職の理由について質問されます。「何が原因で辞めたのか?」についてはどんな企業の担当者も特に興味のある問題です。ですから転職した理由を特にしっかり考えておく必要がある。


映像求人であなたが働きたい企業はどんな企業?と質問されたらどうも答えがでてこないものの、現在の職場に対する不満となると、「自分に対する評価が適正ではない」と意識している方がいくらでも存在しています。
「入りたいと願っている企業に臨んで、おのれというヒューマンリソースをどれだけ見事できらめいて宣伝できるか」という能力を上昇させろ、ということが近道なのである。
いわゆる給料や職務上の処遇などがどんなに良いとしても、労働の状況が劣化してしまったら、次もよそに転職したくなるかもしれない。
【就職活動のために】人材紹介サービスを行う場合は、企業に紹介した人が短期間で退職してしまうなど失敗があると自社の人気が下がりますから、企業の長所及び短所をどちらも正直に聞くことができる。
ある日だしぬけに知らない企業から「ぜひ当社で採用したい」などという機会は考えられないものです。内定をよく貰うような人はそれだけ大量に悪い結果にもなっていると考えられます。


同業の者で「父親のコネを使ってシステムエンジニアだったけれど転職をした」という異色の経歴を持つ人がいて、男に言わせるとSEだった頃のほうが絶対に百倍くらいは楽なのだそうである。
「自分の特質をこの職場なら役立てられる(会社のために貢献する)」、ですから御社を入りたいのだというようなことも一つには大事な要因です。
自分自身が主張したい事についてなかなか上手く相手に伝達できなくて、幾たびもつらい思いをしてきました。ただ今から自分を省みての自己分析というものに長時間をかけるのは既に後の祭りでしょうか。
収入自体や職務上の対応などがどれほど好ましくても、仕事場所の境遇そのものが劣悪になってしまったら、またしても辞職したくなる可能性があります。
面接試験といってもいっぱい手法が取り入れられているのでそこで、個人(1対1のいわゆる普通の面接)とか集団(複数の応募者が参加するもの)、さらにグループ討論などを注目して説明ですからぜひご覧下さい。


この記事を書いた人

ライター

永目 伊織

某転職エージェントの会社でキャリアコンサルタントとして働き、転職者の面談から入社決定までをサポートしてきました。適性診断や面談など数多くこなしてきましたので、その経験を記事として書いています。1982年生まれ。千葉県在住。

ページの先頭へ