green 求人

押しも押されぬ人気企業といわれる企業等であって数千人以上の希望者が殺到する企業では選考に使える時間や人員の限界もあるので、とりあえず大学名だけでふるいにかけることは本当にあるようだから仕方ない。
就職したのに、採用してくれた職場が「こんな職場のはずではなかった」、「やりたい仕事じゃない」あるいは「ここをやめて違う会社に行きたい」などと考える人なんか、腐るほどいるのである。
【就職活動の知識】売り言葉に買い言葉となって「こんなところいつでもやめてやる!」などといったふうに、むきになって退職を申し出てしまうケースもあるが、こんなに世の中が不景気のなかで、興奮して退職することは恐ろしい結果を招きます。
結局、就職活動をしているときに詳しく知りたいのは、企業の風土であったり自分のやりたい仕事かどうかなどがほとんどで、自分がやすべき仕事の詳細についてではなく応募する企業そのものを把握したい。そう考えての実態ということだ。
「自分の選んだ仕事ならどれほど苦労しても我慢できる」とか「自分を向上させるために危険を冒して大変な仕事をすくい取る」というような場合は、しばしば耳に入ります。


green求人で当たり前だが人事担当者は応募者の持つ能力などについて読み取ることで、「自社に有用で、仕事をこなしてくれそうな人か?」、本気でより分けようとしているものだと考えている。
応募先が本当に正社員として登用するつもりがある職場なのかそうでないのかしっかりと確かめたうえで、可能性を感じたらとりあえずアルバイトもしくは派遣などからでも働きつつ、正社員を目指してみてはどうだろう。
「自分が好んで選んだ仕事ならどんなに辛酸をなめても我慢できる」とか「自らを高めるために強いて過重な仕事を選び出す」というパターンは、何度も聞いています。
【応募する人のために】面接というものには「算数」とは違って絶対的な正解がないからどこが良かったのかまたは悪かったのかという合否の判断の基準は会社が違えば変わり、それどころか同じ応募先でも面接官の違いで大きく違ってくるのが本当のところである。
無関係になったといった姿勢ではなく、やっとこさあなたを目に留めて内約までくれた会社に対して真摯な応対を肝に銘じましょう。


自らが言いたい事柄についてあまり上手に相手に言うことができなくて、何度も反省してきました。たった今からでも自分を省みての自己分析というものに時間を割いてしまうのはとうに遅いのでしょうか。
【用語】第二新卒というのは、「一旦就職したものの短期間で離職した若者(一般的には25歳程度まで)」を表す。きっと近頃は数年で退職してしまう新卒者が増加傾向にあることから、このような言葉が生まれたのでしょう。
【就活のための基礎】面接の際意識していただきたいのは印象についてです。長くても数十分程度しかない面接によって応募者の一部分しか把握できない。だから、採否は面接での印象に左右されるのです。
一口に面接といってもさまざまな方法が取り入れられている。そこで、個人面接や集団(複数の応募者が参加するもの)、さらに最近増えているグループ討論などを核にして解説ですからぜひ参考にしてもらいたい。
最底辺を知っている人間は仕事していても強力である。その頼もしさはあなた方皆さんの武器といえます。以後の仕事をする上で必ず役立つ時がきます。


この記事を書いた人

ライター2

林藤 亜理

人材派遣会社で働いてきた林藤 亜理です。
当時の仕事の内容は、働きたい人が企業に出す応募書類(履歴書・職務経歴書)を添削していました。面接の担当者に嘘をつかずに正直に、でも高評価を受けれる書き方のテクニックなどをこのサイトでいろいろ解説していきます。

ページの先頭へ