ハローワーク 新しい求人

当然ながら成長業界の企業には、他にはないビジネスチャンスがたくさんある。新規事業立ち上げの機会もあれば、子会社や関連会社を設立したり大切な事業やチームの責任者をまかされる可能性が高くなるということです。
現実には就活で応募者から応募先に電話連絡するということはわずかで、応募先の会社がかけてくる電話を受ける場面のほうが多いでしょう。
結局、就職活動をしているときに知りたい情報は、その企業の雰囲気または自分の興味に合うかなどがほとんどで、任される仕事の詳細とは違い応募する企業自体を把握したい。そう考えての内容なのです。
現行で求職活動中の会社自体が熱心に希望している企業でないために、志望理由そのものがはっきり言えないといった迷いの相談が今の期間には少なくないのです。
【就活のための基礎】売り言葉に買い言葉となって「こんな会社すぐにやめてやる!」みたいに、我慢できずに退職してしまうような人がいるが、景気が非常に悪い今、性急な退職はあってはならないことなのだ。


先々拡大が続きそうな業界に職を得る為にはその業界が実際に飛躍が見込める業界なのか、急激な成長に調和したビジネスが成り立つのかどうかを見通しておくことが肝心な点でしょう。
「心底から胸中を話せば、転職を決心した動機は収入の多さです。」こんなパターンもあるのです。ある外資のIT会社のセールスを担当していた30代半ばの方の話です。
志や憧れの姿を目標にしての転身もありますが、勤め先の会社の不都合や通勤時間などの外的ファクターによって、転職しなければならない状態に陥る場合もあるでしょう。
【就活Q&A】色々な原因によって違う職場への転職を心の中で望んでいるケースが急激に増えてきている。とはいえ、転職すると決めたはいいけれど、再就職してからの人生設計が計画と異なる場合もわんさとあるというのが実際には在り得ます。
現時点では志望する会社ではないと言われるかもしれませんが、要求人のこれとは別の企業と天秤にかけてみて僅かでも長所だと思う点はどの辺なのかを考察してみて下さい。


ハローワーク新しい求人で【就職活動のポイント】転職活動が新規学卒者の就職活動と全く異なるのは応募書類の一つである「職務経歴書(過去に経験した職務・職業上の地位、および当該職務の具体的内容を記入した書類)」についてです。直近までの職務経歴などを企業の担当者に理解しやすく、要点をはずさずに完成させる必要があるのです。
【職場で】上司は優秀ならばラッキーなのだが、優秀ではない上司という状況なら、どんな方法で自分の優秀さを売り込めるのか、あなたの側が上司をうまくマネジメントすることが不可欠だと思われます。
働きながら転職活動していく場合、近辺の人に打ち明ける事も難題です。離職しての就職活動に比較すると、アドバイスを求める相手は相当狭い範囲の人になるでしょう。
【ポイント】選考試験の一つに最近では応募者だけのグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を取り入れているところが増加中。人事担当者は面接ではわからない性格などを観察するというのが目的でしょう。
【応募する人のために】面接試験は、受検者がどんな特性の人なのかを確かめているわけですから、セリフを間違えずに読むことが重要なのではなく、精一杯語ることが大事なのです。


この記事を書いた人

ライター

永目 伊織

某転職エージェントの会社でキャリアコンサルタントとして働き、転職者の面談から入社決定までをサポートしてきました。適性診断や面談など数多くこなしてきましたので、その経験を記事として書いています。1982年生まれ。千葉県在住。

ページの先頭へ