保育 ジョブ

【就活Q&A】人気企業のなかでも、数千人の希望者が殺到する企業では選考に使える人員の限界もあるので、第一段階では大学名だけでお断りすることなどはしばしばあるようである。
内定を断るからといった見解ではなく、どうにかあなたを認めてくれて内認定まで勝ち取った会社に対して良心的な態度を肝に銘じましょう。
人材・職業紹介サービスを行う会社では、企業に送り込んだ人が急に退職するなど失敗してしまうと企業からも応募者からも評判が下がりますから、企業のメリット及びデメリットをどちらも隠さずに伝えているのである。
通常の日本企業で体育会系の部活出身の人材がよしとされるのは敬語がしっかり話せるからである。体育会系といわれる部活動では、先輩後輩が厳格に守られており、意識しなくても自然に身につけることができるのです。
【応募の前に】第一志望の会社からでないからという理由で内々定の企業への意思確認で困る必要はありません。就職活動が終わってから、見事内々定となった応募先の中で選びましょう。


困難な状況に遭遇しても最優先なのは自分を疑わない意思です。絶対に内定を勝ち取れることだけを考えて、自分らしい一生をきちんと踏み出していきましょう。
「希望する職場に対して、自分自身という働き手をどんな風に有望で目を見張るように表現できるか」という能力を養え、ということが大切だ。
実際に、私自身をキャリア・アップさせたいとか、これまで以上に自分の力を伸ばすことができる場所でチャレンジしたいといった望みを伺うことがしょっちゅうあります。自分はキャリア・アップできていない。そうと感じて、転職を考える方が大勢いるのです。
【就活Q&A】面接の場面で最も気を付けてもらいたいのは印象なのだ。わずか数十分程度しかない面接なんかでは応募者の全ては知ることができない。だから、採否は面接を行ったときの応募者の印象に影響されるのだ。
給料自体や職務上の処遇などが大変良いとしても、仕事をしている状況そのものが劣悪になってしまったら、今度も別の会社に行きたくなることもあり得ます。


保育ジョブで最初の会社説明会から列席して筆記考査や個人面談とステップを踏んでいきますが、他のルートとして夏休みを利用してのインターンシップや同じ学校の卒業生の話を聞いたり、リクルーター面接といった切り口もあります。
もう関心ないからというといった観点ではなく、やっとこさあなたを受け入れてひいては内定までしてもらった会社には真情のこもった受け答えを心に刻みましょう。
収入そのものや職場の対応などがとても厚遇だとしても、働いている環境自体が劣化してしまったら、次も辞職したくなる懸念もあります。
【就職活動のために】絶対にこんなふうに仕事がやりたいという明確なものもないし、あれもこれもと迷ったあまり、結局は実際のところ何がしたいのか企業の担当者に説明することができないようになってはいけない。
野心や理想的な自分を照準においた転業もあれば、勤務している所の要因や生活状況などの外から来る要因によって、転職の必要性が生じるケースもあるでしょう。


この記事を書いた人

ライター

永目 伊織

某転職エージェントの会社でキャリアコンサルタントとして働き、転職者の面談から入社決定までをサポートしてきました。適性診断や面談など数多くこなしてきましたので、その経験を記事として書いています。1982年生まれ。千葉県在住。

ページの先頭へ