医療事務 転職

【転職の前に】転職という、つまり伝家の宝刀を何回も抜いてきた人は、やはり自然に離転職したという回数も膨らむ。同じくして一つの会社での勤続が短いことが目立ち始めるのだ。
今の勤め先よりもっと賃金や労働条件がよい就職口があったとして、あなたも他の会社に転職を要望しているのなら遠慮しないでやってみることも肝心なのです。
【応募する人のために】第二新卒。「一度は学卒者として就職したけれどすぐに(3年以内)離職した若者」を表す言葉なのです。最近は特に早期の退職者が目立って増加しているので、このような新しい表現が生まれたのでしょう。
自分のことを磨きたいとか、今よりもっと自分を磨くことができる場所で挑戦したいといった憧れをしょっちゅう耳にします。自分自身を磨けていないと気づくと、転職を考える方がとても多い。
正直なところ、就職活動を始めたときは「目標の会社の採用を勝ち取るぞ」と張り切っていたのに、何回も不採用ばかりが続いて、このごろはすっかり担当者の話を聞くことすらできないほどの恐怖を感じているのが本音です。


バイトや派遣の仕事を通して形成した「職歴」を伴って企業自体に面接をたっぷり受けに行ってみよう。せんじ詰めれば 就職もきっかけの側面が強いので面接をたっぷり受けるしかありません。
同業者の人に「父親の口添えでSEを退職して転職してきたのである」という異色の経歴を持つ男がいるが、この業界を彼の経験ではSEだった頃のほうが絶対に百倍も仕事が楽なのだとか。
【知っておきたい】転職という、あたかも今まで何回も伝家の宝刀を繰り返し抜いてきた履歴がある方は、やはり普通に転職したというカウントも増えるのだ。これに伴って一つの会社での勤続が短いものが目立つようになるのです。
当然かもしれないが企業の人事担当者は実際のコンピテンシーを試験や面接で読み取って、「会社にとって有用で、そして仕事をこなしてくれそうな人物かどうか」、しっかりと選考しようとするものだと認識しています。
「オープンに本音を言うと、商売替えを決めた最大の要素は収入のためです。」このような例も多くあります。ある外国籍のIT企業の営業をやっていた30代男性社員のエピソードです。


医療事務転職で【退職の前に】離職するほどの気持ちはないのだけれど、どうにかして収入を多くしたいという場合なのであるなら、役立つ資格取得というのも一つの作戦かもしれない。
なるべく早期に中堅社員を採用しようと計画している会社は、内定通知後の相手が返事をするまでの日時をほんの一週間程に制約しているのが一般的なケースです。
じゃあ働いてみたい会社とは?と聞かれたら上手く伝えることができないものの、現在の勤務先への不満となると、「自分に対する評価が適正ではない」と思っている人がかなりの人数いると考えられています。
色々な企業により、業務内容や自分が考えている仕事もそれぞれ異なると思うので、企業との面接で触れ込むべき内容は様々な会社によって相違が出てくるのが当たり前です。
今の時点では希望の企業ではないかもしれないけれど、求人を募集中のその他の企業と照らし合わせて僅かでも良い点だと思う部分はどの辺りにあるのかを考察してみて下さい。


この記事を書いた人

ライター

永目 伊織

某転職エージェントの会社でキャリアコンサルタントとして働き、転職者の面談から入社決定までをサポートしてきました。適性診断や面談など数多くこなしてきましたので、その経験を記事として書いています。1982年生まれ。千葉県在住。

ページの先頭へ