株式会社 ギークリー

【就活Q&A】面接選考では自分のどこが悪かったのかについてをフィードバックさせてくれるような丁寧な企業はまずないので、求職者が改善するべき点を点検するのは難しい。
いくつも就職選考が続いているうちに、非常に残念だけれども不採用になる場合で、十分にあったやる気があれよあれよと下がることは、用心していてもよくあることです。
面接というのは盛りだくさんの方法があります。この文では、個人面接、集団での面接、そして最近増えているグループ討論などを特に詳細に説明していますからぜひ参考にしてください。
【採用されるために】人材紹介サービスの会社や派遣会社では、企業に紹介した人が短期間で退職してしまうなど失敗があると双方からの評判が低くなるから、企業の長所及び短所を両方共に隠さずに聞けるのである。
【就職活動の知識】大学卒業と同時に外資系企業への就職を目指す人もいるけれど、現実にはほとんどは日本国内の企業で採用されてそれなりの経験を積んで早くても30歳前後で外資に転職というパターンなのです。


株式会社ギークリーで通常、会社説明会とは、会社側が催す就職ガイダンスのことで、いわゆるセミナーの事です。希望している学生たちや応募した人を集めて、企業の概括や募集要項などの重要事項を情報開示するというようなことが代表的です。
【就職活動のポイント】大事な点。あなたが仕事を見つけたときあくまでもあなたの欲望に正直になって選択することであって、何があっても「自分のほうを就職先に合わせよう」なとということを考えてはダメなのだ。
【応募の前に】面接選考では自分のどこがいけなかった部分なのかについて応募者にフィードバックさせてくれる丁寧な会社は普通はないため、求職者が改善するべき点を検討するのは難しいと思う。
【応募する人のために】内々定ができた背景。新規卒業者(予定者)に対する採用選考での企業の作った倫理憲章(取り決め)に、正式に内定するのはどんなに早くても10月1日以降にしようと定められているのでとりあえず内々定というかたちをとっているのだ。
仕事であることを話す都度、要領を得ずに「どういった風に感じたのか」という事のみではなく、他に現実的な小話を取り混ぜて伝えるようにしてみたらよいでしょう。


公共職業安定所の推薦を受けた際に、その会社に勤務することになると、年齢などのファクターにより、該当の会社から公共職業安定所に斡旋料が払われるのだという。
実は、就活をしている際には、ぜひ自己分析ということを経験しておくとおすすめという記事を読んでそのとおりにした。けれど、はっきり言ってまったく役に立たなかった。
「魅力的な仕事ならどれほど苦労しても頑張れる」とか「自分自身を成長させるなら強いてしんどい仕事を選びとる」という事例、割とよくあるものです。
自己判断をするような場合の注意しなければならない点は、具体性のない表現を使わない事です。具体性のないたわごとでは、人事の採用担当者を合意させることは大変に困難なことでしょう。
企業というものは雇用者に対して全ての収益を割り戻してはいません。給与に比較した真の仕事(必要労働)自体はたかだか具体的な労働の半分か、それより少ない位でしょう。


この記事を書いた人

ライター2

林藤 亜理

人材派遣会社で働いてきた林藤 亜理です。
当時の仕事の内容は、働きたい人が企業に出す応募書類(履歴書・職務経歴書)を添削していました。面接の担当者に嘘をつかずに正直に、でも高評価を受けれる書き方のテクニックなどをこのサイトでいろいろ解説していきます。

ページの先頭へ