任天堂 求人

評判になった「超氷河期」と最初に呼びならわされた年代で、マスコミが報道する話題や世間の動向に押されるままに「働けるだけでも助かる」なんて仕事に就く先をあまり考えず決定してしまった。
夢や理想的な自分を照準においた転職のこともありますが、勤めている会社のせいや通勤時間などの外的な理由によって、転職する必要が生じることもあるでしょう。
どうしても日本企業でいわゆる体育会系の人材がいいとされるのは敬語をちゃんと使えるためなのです。体育会系といわれる部活動では、上下関係が固く守られているため、意識しなくても敬語が身についているのです。
会社というものは1人ずつの都合よりも組織の事情を主とするため、たまさかにしぶしぶの人事異動がよくあります。必然的に本人にしてみたらすっきりしない思いが残るでしょう。
盛んに面接時の忠告で「自分の言葉で話してごらん。」といった表現を見受けます。ところがどっこい、誰かの書いたものではなく、自分の言葉で話を紡ぐことの意図が通じないのです。


たくさんの就職試験を受けているなかで、非常に納得いかないけれども不採用とされてしまうこともあって、最初のころのモチベーションが日を追って低くなっていくことは、順調な人にでも起きることで、悩む必要はありません。
「自分の特性を貴社なら用いることができる(会社の利益に寄与できる)」、そこで貴社を望んでいるというような動機もある意味大事な要因です。
多くの場合就職活動のときにこちら側から応募先に電話をかけるということはわずか。逆に応募先の企業からかかってくる電話を受ける機会のほうが頻繁。
【応募の前に】就職内定率がこれまでの数字を超えて過去最悪とのことであるが、そんな就職市場でもしっかりと採用の返事を手にしている人がいる。では、内定してもらえる人ともらえない人の決定的な違いはどこなのでしょうか。
就職できたのにその企業のことを「思っていたような職場じゃない」、「やりたい仕事じゃない」とか「退職したい」などと思う人など、たくさんいるということ。


任天堂求人で【ポイント】第一希望の応募先にもらった内々定でないからといった理由で内々定についての返事で困る必要はまったくない。就職活動が終わってから、内々定をもらった応募先からじっくりと選んでください。
【ポイント】電話応対だって大切な面接試験の一つのステージだと意識して取り組みましょう。しかし反対に見れば、企業との電話の対応であったり電話内容のマナーが好印象であればそのことで評価も上がるわけです。
ようやく準備のフェーズから面接の段階まで長い順序をこなして就職の内定まで到達したというのに、内々定のその後の処置を間違えてしまったのでは台無です。
社会人でも、誤りのない丁寧語、謙譲語、敬語を使っている人はむしろ少ないのです。このように、このような状況でもただの恥で終わるところが、面接の場面で間違った敬語を使うと不採用を決定づけるようなことが多いのである。
仕事探しのなかで最後にある難関である、面接選考の情報について説明する。面接というのは、あなた自身と人を募集している企業の担当者による対面式の選考試験なのである。


この記事を書いた人

ライター

永目 伊織

某転職エージェントの会社でキャリアコンサルタントとして働き、転職者の面談から入社決定までをサポートしてきました。適性診断や面談など数多くこなしてきましたので、その経験を記事として書いています。1982年生まれ。千葉県在住。

ページの先頭へ