ニチイ 求人

ひどい目に合っても最重要なポイントは自分の力を信じる信念なのです。きっと内定を受けられると信頼して、あなたならではの一生をはつらつと歩みましょう。
【就職活動のために】選考試験の一つに最近では面接以外にグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を取り入れている企業は多いと思う。担当者は普通の面接とは違った面から個性や性格などを確かめるのが目的なのである。
【対策】面接試験ではまず転職理由について質問されるでしょう。「どういう理由で退職したのか?」についてはどんな企業も一番気になる問題です。自分で転職理由を整理しておくことが必要。
【就活のための基礎】面接のときに気を付けていただきたいのはあなたの印象なのだ。数十分しかない面接だけで応募者の全ては把握できない。結果、合否は面接での応募者の印象に左右されるものである。
通常の日本の企業で体育会系の経験のある人がよしとされる理由は敬語がしっかり使えるからなのだ。体育会系のほとんどの部活では、先輩後輩の関係がきちんとしているため、無理をしていなくても敬語が身についているのだ。


【トラブルにならないために】離職するまでの気持ちはないけれど、できればうまく今よりも月収を増加させたいのだ場合なのであるなら、まずは収入に結びつく資格取得というのも有効な作戦かもしれない。
目下のところ希望する会社ではないかもしれないですが、求人募集をしているそれ以外の会社と比べてみて少しだけであっても魅力的に思われる点はどこにあるのかを思い浮かべてみて下さい。
就活というのは、面接試験を受けるのも応募する自分です。試験を受けるのも応募者であるあなたです。だけど、行き詰った時にはほかの人に尋ねてみるのもいいかもしれない。
もし成長企業でも、100パーセント将来も平穏無事。そういうわけではない。だから就職の際にその点についてはしっかり研究が不可欠。
外国企業の勤務場所で要求される職業上の礼儀作法や技術といったものは、日本人の企業家として追及される所作や業務経験の基準を飛躍的に上回っています。


ニチイ求人で社会人だからといって、正しい丁寧語や敬語を使うことができている人が多いわけではありません。だから、すでに社会に出ていれば恥で終わるところが、面接で間違えると致命的(採用されない)な場合が多い。
本当のところ就職活動をしていて応募者側から応募したい企業に電話をかけるという機会はほとんどない。むしろ相手の会社がかけてくる電話を受けなければならないことのほうがたくさんあるのです。
【ポイント】転職活動が学卒などの就職活動と完全に違うのは「職務経歴書(経験した職務・職業上の地位や職務の具体的内容を記入した書類)」についてなのだ。現在までの職場でのポジションや職務経歴などを企業の担当者に理解しやすく、要点を押さえて作る必要があるのです。
まずは応募先が本当にそのうちに正社員に登用できる職場なのかそうでないのかしっかりと確かめたうえで、可能性があると感じるならとっかかりはアルバイトやパート、派遣からでも働く。そして正社員を目指していただきたい。
面接試験といっても多くの面接のやり方があります。今からは、個人面接とか集団(複数の応募者が参加するもの)、さらに最近増えているグループ討論などを核にして説明ですからぜひ参考にしてください。


この記事を書いた人

ライター

永目 伊織

某転職エージェントの会社でキャリアコンサルタントとして働き、転職者の面談から入社決定までをサポートしてきました。適性診断や面談など数多くこなしてきましたので、その経験を記事として書いています。1982年生まれ。千葉県在住。

ページの先頭へ