ラフィネ 求人

いわゆる企業というものは個人の具合よりも会社組織の計画を重要とするため、ちょこちょこと納得できない人事転換があるものです。必然的に本人にしてみたら腹立たしいことでしょう。
さしあたって第一希望の企業ではないという事かもしれませんが、現時点で募集中のそこ以外の企業と突き合わせてみてほんの僅かだけでも良い点だと感じる所はどんな点なのかを考察してみましょう。
【応募する人のために】電話応対であっても大切な一つの面接だと認識して対応するべきです。反対に、担当者との電話の対応や電話での会話のマナーが認められれば同時に評価が高くなるということなのである。
ある日だしぬけに評判の大企業から「ぜひ当社で採用したい」なんていう場合は荒唐無稽でしょう。内定を多数受けているような人はそれだけ大量に不合格にもされているものなのです。
今の仕事の同業者に「家族のコネでSEだったけれど転職してました。」という異色の経歴を持つ男がいる。男の経験ではSEとして働いていた時のほうが絶対に百倍くらいは仕事が楽ですとのこと。


ラフィネ求人で就活を始めたときは「目標の会社の採用を勝ち取るぞ」とがんばっていたのに、何回も良い知らせがないままで、こうなってくるとすっかり面接会などに行くことでさえ恐ろしく感じているのが本音です。
とうとう就職活動から面接のフェーズまで長い段階を踏んで内定してもらうまでこぎつけたのに、内々定が出た後の態度をミスしてしまっては帳消しです。
せっかく就職できたのに就職した職場のことを「イメージと違う」、「やりたい仕事じゃない」とか「こんな会社は辞めてしまいたい」などと思う人など、数えきれないくらいいます。
本当のところ就活するときに応募したい人の方から応募希望の会社に電話をかけるということは少なくて、応募したい企業がかけてくれた電話を受ける場面のほうがかなり多い。
有名な「超氷河期」と最初に呼びならわされた時期の世代で、ニュースメディアや世間の動向に受け身になっているうちに「仕事に就けるだけ貴重だ」などと就職先をよく考えずに決断してしまった。


伸び盛りの成長企業であったとしても、明確に退職するまで平穏無事。そういうわけではない。だから就職の際にその点についても慎重に情報収集を行うべきである。
「自分の持つ能力を貴社なら有効に用いることができる(会社のために貢献する)」、それによってそういった業務を入りたいのだというような動機もある意味大事な意気込みです。
【就職活動のために】大事なのは何か?あなたが仕事を見つけたときぜひあなたの希望に忠実に選ぶことであり、決して「自分のほうを会社に合わせよう」なんてふうに考えてはいけません。
では、働きたいのはどのような会社なのかと尋ねたらどうも答えがでてこないけれども、今の勤め先での不満を聞いてみると、「自分に対する評価が正当ではない」と意識している人がずらっといると考えられています。
度々面接を経験を積むうちに少しずつ観点も変わってくるので、基本的な考えがぴんとこなくなってしまうというような場合はしきりに学生たちが感じることです。


この記事を書いた人

ライター

永目 伊織

某転職エージェントの会社でキャリアコンサルタントとして働き、転職者の面談から入社決定までをサポートしてきました。適性診断や面談など数多くこなしてきましたので、その経験を記事として書いています。1982年生まれ。千葉県在住。

ページの先頭へ