シニア 転職

【知っておきたい】電話応対だって大切な面接試験の一つのステージだと位置づけて対応しましょう。反対に言えば、その際の電話の対応やマナーがうまくいけば同時に評価も上がるという仕組み。
【就職活動の知識】転職活動と就活が根本的に異なるのは「職務経歴書(経験した職務・職業上の地位、および当該職務の具体的内容を記入した書類)」についてである。経験してきた職場でのポジションや職務内容などを応募先の担当者に理解しやすく、ポイントを確実に押さえながら完成させる必要があるのだ。
実際、就職活動を始めたときには「仕事探しをがんばるぞ!」とがんばっていたのに、何回も不採用ばかりが続いて、最近ではすっかり採用の担当者に会うことでさえ「恐怖」と感じてしまうのだ。
確かに、就職活動を始めたときには「すぐにでも就職するぞ」と燃えていたにもかかわらず、何度も試験に落ちて、近頃ではもう会社に説明を聞くことでさえコワくなっているのが本当のところです。
現時点で意欲的に就職活動や転業するために活動するような、2、30代の年代の親の立場でいえば、お堅い公務員や一流の大手企業に入社できることこそが、上首尾だと思うものなのです。


シニア転職で外資系企業で働く人は今ではもう珍しくない。外資系企業というと、少し前までは中途採用の即戦力となる人材を採用する雰囲気でしたが、ここへ来て新規卒業の社員の採用に積極的な外資系会社も増えてきている。
本当は就活で応募する方から働きたい企業に電話をかける機会はあまりない。それよりも応募先がかけてくる電話を受けなければならないことのほうがかなり多い。
就職が、「超氷河期」と一番初めに呼ばれた際の年代の若者は、マスコミや世間の雰囲気に押し流されるままに「仕事ができるだけチャンスだ」などと就業先をあまり考えず決定してしまった。
今の瞬間は行きたいと思っている企業ではないと思うかもしれませんが、求人募集中のその他の企業と見比べて僅かでも長所に思われる所はどの辺なのかを考察してみましょう。
「自分が積み重ねてきた力をこういった会社でなら有効に利用できる(会社のために働ける)」、そこでその事業を入りたいのだというようなことも一つには要因です。


自分自身が主張したい事についてうまいやり方で相手に申し伝えられなくて、十分忸怩たる思いをしてきました。この瞬間からでも自分を省みての自己分析というものに時間を割くのは今となっては間に合わないのでしょうか。
人事担当者との電話対応は面接の一つのステージだと認識して対応しましょう。反対に見れば、その際の電話の対応とか電話内容のマナーがよいとされればそのことで評価が高くなるということなのだ。
「筆記する道具を持ってきてください。」と記述されているのなら紙での試験の確率が高いし、よく「懇談会」と記されていれば集団でのディスカッションが開かれる時が多いです。
具体的に働きたいのはどのような会社なのかと尋ねられたらどうも答えることができないものの、今の勤務先での不満を聞いてみると、「自分の評価が適正ではない」と感じている方がいくらでもいた。
毎日の情報収集を一時停止することについては大きな不具合があることに注意が必要。それは今なら人を募集をしている企業も応募できるチャンスが終了する場合もあるということなのです。


この記事を書いた人

ライター

永目 伊織

某転職エージェントの会社でキャリアコンサルタントとして働き、転職者の面談から入社決定までをサポートしてきました。適性診断や面談など数多くこなしてきましたので、その経験を記事として書いています。1982年生まれ。千葉県在住。

ページの先頭へ