スタートアップ 転職

往々にして面接のアドバイスとして「自分ならではの言葉で話しなさい。」といった言葉を聞くことがあります。ところがどっこい、その人自身の言葉で会話することの意図が推察できないのです。
外資系の会社で労働する人はそうは珍しくない。外資系企業といったら、ちょっと前までは中途採用のすぐに戦力となる人材を採用するような印象を受けたが、至近では新卒の学生を採用することに積極的な外資系会社もめざましい。
【転職の前に】離職するまでの覚悟はないけれど、できればうまい具合に今よりも月収を増やしたいような人。それなら資格取得にチャレンジするのも一つの作戦かもしれないのだ。
それなら働いてみたいのはどのような企業なのかと聞かれても答えることができないけれども、現在の職場での不満については、「自分への評価が適正ではない」と感じていた方がいくらでもいた。
【就職活動のために】離職するまでの気持ちはないのだけれど、できればなんとかして今よりも月収を多くしたいというときなのであるなら、まずは何か資格を取得するというのも有効な手法かもしれない。


確かに、就職活動は、面接するのも応募した自分ですし、試験するのも本人なのです。けれども、常にではなくても先輩などに相談するのも良い結果を招きます。
今の会社を辞めて再就職することについて考えると、「今いる勤務先よりも、もっと給料も待遇も良い企業があるに違いない」なんて、普通はどのような人であっても思ったこともあると考えられる。
【転職の前に】転職という、よく言う何回も伝家の宝刀を抜いてきた人は、やはり比例して回数も増えるのです。同時に一つの会社の勤務年数が短いことが目立ち始めることになる。
ついに用意の段階から面接の局面まで長い道を歩んで内定をもらうまでたどり着いたのに、内々定を取った後のリアクションを踏み誤ってしまってはせっかくの努力が無になってしまいます。
いわゆる圧迫面接で底意地の悪い質問をされた際に、ともすると怒る方もいるでしょう。気持ちに同調はしますが、素直な気持ちを抑えておくようにするのは社会における当たり前のことです。


スタートアップ転職で企業と言うものは自己都合よりも組織の全体像としての都合を先にするため、随時心外な転属があるものです。疑いなく当人にしてみれば不平があるでしょう。
「筆記する道具を持参すること」と記載があれば記述試験の可能性がありうるし、「懇談会」などと記述があるなら小集団に分かれてのディスカッションが持たれる場合があります。
仕事探しで最終段階に迎える試練、面接による採用試験をわかりやすく説明することにします。面接⇒応募する人と人を募集している職場の人事担当者との対面式による選考試験である。
今の仕事の同業の人で「父親のコネを使ってシステムエンジニアをやめてこの業界に転職してきたのだ」という経歴の人がいる。彼の経験ではシステムエンジニアの仕事のほうが絶対に百倍も楽なのだとか。
大きな成長企業なのであっても、変わらず退職するまで保証されている。そんなわけではありません。企業を選ぶときにそういう面については十分に確認を行うべきである。


この記事を書いた人

ライター2

林藤 亜理

人材派遣会社で働いてきた林藤 亜理です。
当時の仕事の内容は、働きたい人が企業に出す応募書類(履歴書・職務経歴書)を添削していました。面接の担当者に嘘をつかずに正直に、でも高評価を受けれる書き方のテクニックなどをこのサイトでいろいろ解説していきます。

ページの先頭へ