転職 関西

この先の将来も躍進しそうな業界に仕事を見つけたいのならその業界が本気で上昇業界なのかどうか、急な発展にフィットしたビジネスが成り立つのかどうかを判断することが肝心な点でしょう。
就職が、「超氷河期」と一番最初に称された際の世代で、ニュースメディアや世間の空気に引きずられるままに「働けるだけでも稀有なことだ」などと仕事をよく考えずに決断してしまった。
実際は就職活動をしていて応募者のほうから企業へ電話することはあまりない。それよりも相手の企業の担当者からの電話を受ける場面のほうがかなりあります。
【就職活動の知識】内々定って何のこと?新卒者に対する選考等に関わる企業間の倫理憲章に、正式な内定日はどんなに早くても10月1日以降とすると規定されているので、それまでは内々定という形式をとっている。
ある日いきなり評判の大企業から「ぜひ当社で採用したい」などという話は考えられないでしょう。内定を多く受けているような人はそれだけ数多く不合格にもされているのです。


転職関西で【ポイント】内々定ができた背景。新規卒業者(予定者)に関する選考等における企業や団体の倫理憲章に、正式な内定日はどんなに早くても10月1日以降としなさいと厳格に定めているので、やむを得ず内々定という形式にしているのである。
転職について想像したときには、「今いるところよりも、ずっと条件の良いところがあるに違いない」なんてことを、まず誰でも思ったこともあると思います。
当然かもしれないが人事担当者は採用を希望している人の実際の力について試験などで読み取って、「自分の会社で必要で、役に立ちそうな人物かどうか」、一生懸命見定めようとしているのだと考える。
「就職氷河期」と一番最初に称された年代で、報道される事柄や世間の動向に受け身になっているうちに「就職できるだけ貴重だ」などと働くところを決意してしまった。
【知っておきたい】例えば、事務とは無関係な運送業の会社の面接ではいくら簿記の1級の資格があることをアピールしても評価されないのであるが、事務職の人のときならば、高い能力がある人材として評価されるのだ。


現在は行きたいと思っている企業ではないのでしょうが、求人募集をしているこれ以外の会社と見比べてほんの僅かであっても長所に思われる所はどんな点かを追及してみて下さい。
とうとう下準備の段階から面接の過程まで長い順序を過ぎて内定されるまで行きついたというのに、内々定の後の処理を誤認しては帳消しです。
企業というものは雇っている人間に対して、どんなにすばらしい条件で就業してくれるのかということと、早期の内に企業の具体的な利益に続く能力を機能してくれるのかだけを望んでいるのです。
今の時点では第一希望の企業ではないというかもしれませんが、求人募集中のこれ以外の会社と突き合わせてみてほんの少しでも長所だと感じる部分はどの辺りにあるのかを追及してみて下さい。
本質的に企業自体は途中採用した社員の育成用の費やす時間や金額はなるべく減らしたいと画策しているので、単独で役に立てることが望まれています。


この記事を書いた人

ライター2

林藤 亜理

人材派遣会社で働いてきた林藤 亜理です。
当時の仕事の内容は、働きたい人が企業に出す応募書類(履歴書・職務経歴書)を添削していました。面接の担当者に嘘をつかずに正直に、でも高評価を受けれる書き方のテクニックなどをこのサイトでいろいろ解説していきます。

ページの先頭へ