転職先

【就職活動の知識】就職内定率が厳しいことに最も低い率となった。そんな状況でも採用の返事を受け取っているという人が実際にいる。では、内定の返事がもらえる人ともらえない人の違うところはどこにあるのでしょう?
【知っておきたい】絶対にこれをやりたいというはっきりしたビジョンもないし、あの仕事も良さそうだし、これも良さそうと迷った末に、最後には自分が何がしたいのか面接で整理できず話せない人が多い。
もう無関係だからという構えではなく、やっとあなたを受け入れて就職の内定まで決めてくれた会社に対して良心的な態勢を心に留めましょう。
面白く業務に就いてもらいたい、少しだけでも良い条件を許可してやりたい、チャンスを呼びおこしてあげたい、一回り大きくしてあげたいと雇っている方も思いを抱いているのです。
さしあたって第一希望の企業ではないけど、というかもしれませんが、要求人のこれ以外の会社と比較して少しだけであっても興味をひかれる点はどの辺なのかを追及してみて下さい。


転職先で「自分が今来積み重ねてきた手際や特殊性を踏まえてこの仕事をやりたい」といったように今までの自分と関連づけて、いよいよ面接の場でも重みを持ってあなたのやる気が伝わります。
外資系企業で仕事に就いている人はそうは珍しくない。外資系企業と言えば、かつては中途採用の直ちに戦力となる人を採用する空気があったが、近年では新規卒業の社員の採用に好意的な外資系も目立ってきている。
会社説明会と呼ばれるのは、会社側が開く就業に関連した説明会のことで、よくセミナーとも称されます。希望する学生や求職者を募集して、企業概要や募集の主意などをブリーフィングするというのが通常の方法です。
実際、仕事探しは、面接するのも応募する本人ですし、試験するのも応募するあなたですが、たまには相談できる人や機関の意見を聞いてもお勧めすることができます。
面接の場面で緊張せずに終了できる。そうなるには十分すぎる経験が不可欠。だがしかし、実際に面接試験の場数をあまり踏んでいないときには普通は緊張する。


企業の人事担当者は応募者の持つ能力などについて読み取り、、「会社にとって有用で、そして活躍できそうな人物かどうか」を真剣により分けようとするものだと感じるのだ。
社会人でも、本来の敬語などを使えている人が多いわけではありません。でも、社会人ということで恥と言われるだけなのが、面接で間違えると致命的な悪印象をもたれるようなことがほとんど。
「自分の選んだ道ならばどれほど過酷でも乗り切れる」とか「自らを高めるためにわざわざ困難な仕事を見つくろう」とかいうエピソードは、かなりあるものです。
快適に作業を進めてもらいたい、ちょっとでも手厚い待遇を割り当ててやりたい、将来性を呼びおこしてあげたい、レベルアップさせてあげたいと雇用主の側も思っているのです。
無関心になったといった見解ではなく、苦労してあなたを評価して入社の内定までしてもらった企業に向かい合って真心のこもったリアクションを取るように努めましょう。


この記事を書いた人

ライター

永目 伊織

某転職エージェントの会社でキャリアコンサルタントとして働き、転職者の面談から入社決定までをサポートしてきました。適性診断や面談など数多くこなしてきましたので、その経験を記事として書いています。1982年生まれ。千葉県在住。

ページの先頭へ